スタッフブログ

原 直人(はら なおひと)

やるではないか♪

[2019/06/22]

スタッフ:
原 直人(はら なおひと)
カテゴリー:
ショールーム日記
皆々様、こんにちは

シトロエン横浜緑、ハイドロ部長こと何故か体重が毎年減少している 原 直人
DEゴザイマス。

本日は、雨っぷりでございますなぁ

ここ数年、異常気象との事で「梅雨時期」などの雨は、シトシトと風情ある
雨が本来の梅雨ですが、今時の梅雨は「どっか~ん」と雨が降りまして
風がビュービューを吹いてきまする。

風情などは もう無いのかもしれませんねぇ
ただ、湿度が低いので助かります。



さて、もう全国のシトロ店ブログでご案内済みの「C5エアクロス」ですが
当店も勿論、展示販売しております。

私などのベテラン営業マンには「まってました!」の一台でゴザイマシテ
ハイドロオーナー様の代替え車として期待の一台でございました。

どんなサスペンションなんでしょうか???




メーカーより、販売マニュアルが送られてくるのですが、これがいつも通りの
マニュアルではなくて、メカニカルな内容満載のマニュアルでした。

採用しているサスペンションは20の特許を取得したらしく、シトロの威信をかけたサスペンションとの事です。


特許は取得していますが、もともと存在したサスペンションで
往年の名車「ZXラリーレイド」にも採用されていた物を進化改良しました。

直近では、メーカーは違いますが、ルノーメガーヌRSに搭載したことで
一部では有名なサスです。

なになに?そんなにスンゴイ機能でおますやら?とサスペンションの構造を
よう見てみますと、単車にも採用されていたサスペンションなんですな

私事ですが、若い時分にモトクロスをやっておりましたが、そのモトクロッサーに搭載されていたサスが「倒立サスペンション」と呼ばれるサスでした。

サスペンションがひっくり返って取り付けることで剛性UPとサスOILの
容積を稼げるので、サスの動きが激しいモトクロスの世界では、サスOILの
流動劣化を防げることで長時間のレース耐えられるメリットが大きかったです。

また、このサスの名前を「カートリッジサスペンション」と当時は呼んでました。

サスペンションの中に更にサスペンションが入ってるような構造で、
なんだこりゃ?な感じの構造でした。

簡単にサスペンションの役割をお伝えすると、路面のショックを吸収するのが
最大の目的なんですが、サスペンションの構成は、「ダンパー」「スプリング」の二部構成で作られております。

よく勘違いされるのは、スプリング(ばね)が固いから乗り味が固い!と
言われております。

勿論、スプリングの影響は大きいのですが、「乗り味」と言われる部分の
大部分を決定するのは、ダンパーになります。

C5エアクロスに搭載された新型サスペンションは、上記のダンパーに
なるわけでゴザイマスな。


このダンパー、縮・伸びの運動を行うだけの存在でございますが、これが
車の乗り味の決定する肝になりまする。


前置きが長くなりましたが、新型サスペンションは上記「縮」の反応が
とても早く反応することができる優れものなんですね。

道路の凹凸を感知して「縮」動作が発生しますが、この動作が遅いと
「固い」になるわけでゴザイマス。

縮む速度が早ければ早いほど、路面の凹凸を感じないサスペンションに
なるのですが、ここからが各メーカーが頭を悩ます部分でゴザイマス。


反応が早ければ早いほど動きが良くなりますが、その代わりに長時間走行または、激しい運転をしたときに、サスペンション事態に熱を帯びて内蔵OIL粘度
が下がり始めると、初期の乗り味を維持できなくなります。

こんなイタチごっこが、サスペンションを難しくしてしまいますが、
これを安定させるのがC5の新型サスペンションなのです。

私も試乗しましたが、現存するスプリングサスペンション車の中では
飛びぬけて良い物ですねぇ

発進時の「ヌルっ」としたサスペンションの動きは往年の「ZX」や「305」のようでしたよ。

無論、新型なので往年の名車よりも長期間・長時間の乗り味は約束されます。
ハイドロマシーン無き今、これが唯一許される車なのかもしれませんね。

試しに一度ご試乗頂ければと思います。


原 直人(はら なおひと)

あぁ またしても・・・

[2019/05/11]

スタッフ:
原 直人(はら なおひと)
カテゴリー:
ショールーム日記
みなさま こんにちは

シトロエン横浜緑の「またしても」原でゴザイマス。


お写真の緑色の玉でございますが、ご存知のシトロエンファンの
方も多かろうと存じ上げますデス。。。。



我々ハイドロ乗りの神聖なるパーツ「スフィア―」でゴザイマスな


私が乗っております「C5」ですが、機関良好・外装ピカピカ☆
車検長し・AL4とっても元気! と何も考えることのない
優等生でしたが、やはり私にはイバラの道が良いのでしょうか?

先日お買い換えをいたしまして、「いつ油吹くのでしょう?」と
ワクワクしてしまう車に乗り換え申した。

気になるパーツをチョコチョコ交換して、良い状態に仕上げ中でございます。

完成したらお披露目でございます!


原 直人(はら なおひと)

これ売っちゃいますですよ♪

[2019/04/19]

スタッフ:
原 直人(はら なおひと)
カテゴリー:
ショールーム日記
みなさま こんばんは

シトロエン横浜緑の「また棘の道」のハイドロ部長事 4月はやる気のない
ハラ でございます。

本日、お早目に上がりなさいっ!と最上部から言われておりますので
とっととブログ更新ですな

私の情熱ブログを「早く上がりなさい!」なんてけしからんですなぁ


さてさて、ハイドロ売りの私としては何とも悩ましい車が入庫しました。



コヤツdeゴザイマスよ♪





















おぉ~ 深紅のBXgtiじゃございませんか!

距離はちょっと飛んでますが、エアコンは効くし、油漏れないし
乗り味OKの久々HITのBXでございますね。。。



後姿が色っぽいですなぁ

ユーロエアロの神髄でゴザイマスよ





デビルマフラー入ってるし・・・・

BXはけっこう良い音しますので、これは渋いですねぇ




あっ!シートが裂けてないぞい

綺麗なシートに部長ビックリでゴザイマスよ!


ATもしっかり変速してて、機関部はパーフェクトでした。


認定中古にはなりませんが、ハイドロ乗りなら「もう一度!」と
思える一台で御座いますよ。



詳しく知りたいお客様は、ハイドロ部長に直接お電話くださいませ。

原 直人(はら なおひと)

大改装中ナウ!

[2019/04/04]

スタッフ:
原 直人(はら なおひと)
カテゴリー:
ショールーム日記
みなさま こんばんは

シトロエン横浜緑の肺炎部長ことハラ ナオヒトでございます。

いやぁ 一昨日・昨日と春なのに寒かったですねぇ

本日は、春の陽気通りの気温で助かり申した。。。

当店の目の前の通りは「環状4号線」でして、別名「さくら通り」と
呼ばれており、現在さくら満開です。


さて前回のご案内で申し上げました「改装」ですが、本日から
本格改装でゴザイマス。


写真の黒幕は、ショールームでしたが真っ黒クロスケに覆われて
おりますデス。

まさに「見る影ナシ!」でゴザル。


ショールームは立ち入り禁止で、先ほど元ショールームに突入
していきましたら、天井も壁も無くなっておりました。


おぉ ホントに居場所がないぞい(+_+)




これ、私の「ハイドロ事務所」でゴザイマス。

1DK、エアコン完備・LED照明装備の仮設事務所ですな


シトロエン横浜緑は国内でも有数の大型ショールームだったので
1DKではチョイ手狭ですな・・・

土曜日には、大きい「ハイドロ事務所」が届くそうなので
ナッシングdeゴザイマス。




ハイドロ事務所、中身が気になる・・・・ですな。










ガラッと引戸を開けると、私より先に営業マンが座っているでわないか
かなり ケシカラン!

マスク越しに見えるは、当店の名物営業マン成田こと「成ちゃん」ですな


ハイドロ:どうですか成ちゃん?ハイドロ事務所は?

成ちゃん:何も揃っていないので、何から始めてよいのかわかりませんね

ハイドロ:改装とはそんなものですよ。私なんて改装と新店がスタート
     すると必ず投入される人だったので、慣れっ子ですよ
     皆さん、まだまだですな

成ちゃん:でも、このコンテナ事務所 ちょっと落ち着きます・・・
     狭いのキライじゃないです。

ハイドロ:ほぉ 私も狭い好きで、小学生のころなどは「フェード・イン!」
     と言いながらロッカーの中に納まっておりました。
     やはり男に生まれたからには、狭いとこ好きでなければ
     いけませんな。


狭くても広くても、我々営業マンのお仕事は変わることなく、パソコンと
電話があればなんとかなるもんです・・・7


ただ、今しばらくお客さまにはご迷惑をお掛けしてしまうので
何卒ご了承くださいませ。


御来店の際は、ハイドロ部長と成ちゃんで、Wフェード・インで
技と笑顔でお迎えいたします。



原 直人(はら なおひと)

今夜は短く・・・

[2019/03/09]

スタッフ:
原 直人(はら なおひと)
カテゴリー:
ショールーム日記
みなさま、こんばんは

ほんじつは時短営業の 短く太く原でゴザイマス。

さて、本日は短く・・・・



ハイドロではないのですが、私の好物の「オールド系」です。

お写真は往年の傑作車「2CV」(ドゥーセーボー)でゴザイマスネ。

とても販売期間のお長い車で、42年もの長い期間販売された
超ロングセラーです。


外見はまさに「ブリキ缶」で、衝突安全など無視の時代とは言え
かなりペラペラのボディーです(笑

実用一点張りのデザインが返って独創性を生んだ珍しい車です。

2CVの開発された経緯は、チョコっとフランスの国土の話をしないと
いけませんな・・・


フランスはパリが有名ですが、パリ郊外は巨大な農村地帯が広がります
勿論、地方都市が沢山ありますが、国土の80%が農村となっており
世界有数の農業大国でもあります。

フランスは、その巨大農業力で国民自給率が120%と他から
食料品を輸入しなくても自国で自給自足できる力を持っております。
我が国とは桁が違いますね。


そんな農業大国フランスですが、19世紀後半までの農家は
それは旧体制の農業を営んでおり、ロバや馬を使った野菜・果物の
出荷を行っておりました。

そこに目を付けた我らがシトロエン社は、安く大量量産可能な
車を制作しました。
それが「2CV」の誕生です。

2CVの制作にあたり下記条件が課せられました。

・時速60km以上で走れる車
・50kgの荷物を運べる車
・卵が割れないしなやかな足回り
・女性でも簡単に運転できる車
・自重300kgを切る軽量な車体

今では考えられないのですが60年前は真剣に悩んで作ったのですな

面白い逸話があり、開発担当者が大柄な人で身長2mほどあり
さらにエルクハットを被って2cvに乗り込んだ時に屋根に頭がつかえて
これを改良に加えさせて現在の2CVの車高になったそうです。

小さい車体のわりに、車高が高いのはこんな理由だそうです。

発売当初から、「アヒル」などの俗称で呼ばれたり、冗談の種に
なったりですが、フランス国民からは絶大な人気と信頼を得た
車となり、世界各地に輸出された名車なのですな

現在も愛される2CVですが、今では錆などによる劣化がひどく
台数も年々少なくなってきました。

貴重な「アヒル」をお持ちのユーザー様に愛されておりますが
今後とも末永く愛し続けて頂ければと説に思います。。。。