スタッフブログ

原 直人(はら なおひと)

今夜は短く・・・

[2019/03/09]

スタッフ:
原 直人(はら なおひと)
カテゴリー:
ショールーム日記
みなさま、こんばんは

ほんじつは時短営業の 短く太く原でゴザイマス。

さて、本日は短く・・・・



ハイドロではないのですが、私の好物の「オールド系」です。

お写真は往年の傑作車「2CV」(ドゥーセーボー)でゴザイマスネ。

とても販売期間のお長い車で、42年もの長い期間販売された
超ロングセラーです。


外見はまさに「ブリキ缶」で、衝突安全など無視の時代とは言え
かなりペラペラのボディーです(笑

実用一点張りのデザインが返って独創性を生んだ珍しい車です。

2CVの開発された経緯は、チョコっとフランスの国土の話をしないと
いけませんな・・・


フランスはパリが有名ですが、パリ郊外は巨大な農村地帯が広がります
勿論、地方都市が沢山ありますが、国土の80%が農村となっており
世界有数の農業大国でもあります。

フランスは、その巨大農業力で国民自給率が120%と他から
食料品を輸入しなくても自国で自給自足できる力を持っております。
我が国とは桁が違いますね。


そんな農業大国フランスですが、19世紀後半までの農家は
それは旧体制の農業を営んでおり、ロバや馬を使った野菜・果物の
出荷を行っておりました。

そこに目を付けた我らがシトロエン社は、安く大量量産可能な
車を制作しました。
それが「2CV」の誕生です。

2CVの制作にあたり下記条件が課せられました。

・時速60km以上で走れる車
・50kgの荷物を運べる車
・卵が割れないしなやかな足回り
・女性でも簡単に運転できる車
・自重300kgを切る軽量な車体

今では考えられないのですが60年前は真剣に悩んで作ったのですな

面白い逸話があり、開発担当者が大柄な人で身長2mほどあり
さらにエルクハットを被って2cvに乗り込んだ時に屋根に頭がつかえて
これを改良に加えさせて現在の2CVの車高になったそうです。

小さい車体のわりに、車高が高いのはこんな理由だそうです。

発売当初から、「アヒル」などの俗称で呼ばれたり、冗談の種に
なったりですが、フランス国民からは絶大な人気と信頼を得た
車となり、世界各地に輸出された名車なのですな

現在も愛される2CVですが、今では錆などによる劣化がひどく
台数も年々少なくなってきました。

貴重な「アヒル」をお持ちのユーザー様に愛されておりますが
今後とも末永く愛し続けて頂ければと説に思います。。。。


原 直人(はら なおひと)

これ、よいみたい

[2019/02/24]

スタッフ:
原 直人(はら なおひと)
カテゴリー:
ショールーム日記
皆様こんばんは

ここ数日あったか下着を着なくても大丈夫になった
ホットハラです。

さて、三月期の「決算」でゴザイマスが、今年のシトロエンは
二味ほど違いますデス。

新型車を待機させておりまして、これまた話題性のお高い車種が
控えておりまする。。。


ハイドロ部長の私が一番気にしておりますのが、「C5エアロクロス」で
ゴザイマスな。

この度のC5はハイドロサスではゴザイマセンが、ハイドロに近づけた
フランス車らしい車との噂でございます。


スタイルは今風でございますが、乗り味がチョッチクラシカルな
心地よい揺れ感がある車とのこと・・・



私のようにハイドロ中毒者は「次に乗る車ナイ!」とグチグチと
周り迷惑を考えずに文句を言っております。


同時にハイドロ中毒者のユーザー様と長くから親交がありまして
このユーザー様達も「ナイっ!」と悲鳴を上げておりまする。


ユーザー様達がお乗り頂いているハイドロマシンたちは最新鋭でも
最終型C5でして、これ以前のユーザー様も大勢おります。

当然車歴が長いので、走行距離は10万㎞越えなど普通におりまして
経年劣化による部品交換や車検時の整備費用などは、そーとーお高いです

そんな中毒のユーザー様達の救世主になりうるのが新型「C5」と
なりそうです。

サイズも意外とコンパクトでピカソの5人乗り位のサイズで収まりそうです
最大の注目は新型サスペンション「ハイドリックサス」ですな

どこが特許かわかりませんが、20もの特許を取得した野心作らしいです。

私と末永くお付き合い頂いているハイドロオーナー様達の良き相棒に
なれると私としてもホッとできるのですが

期待二重丸のC5エアロクロスでゴザイマス。


発表まで数か月と聞き及んでおりまする。
ご質問はハイドロ部長までお尋ねくださいませ。

原 直人(はら なおひと)

出るかも・・・・

[2019/02/11]

スタッフ:
原 直人(はら なおひと)
カテゴリー:
ショールーム日記
みなさまこんばんは、シトロエン横浜緑の決算大好き部長のハラでございます。

今年もやってましりました、「大決算!」われわれ自動車屋が一年間で
一番お忙しくなる月でございます。

う~む、今年も3月までバリバリ働いて4月に寝込むをルーティーンに
しておりまして、気合がはいりまするな。


今年は、新型車両の投入が決定しているので、もしかすると4月からは新型車
準備で寝込めないかもしれませぬ。。。



本年度の決定新型車は、DS3クロスバック・C5エアロクロス・C3エアロクロスと
相なっておりますが、もしかするとコヤツも登場するかもしれません。




         どんなん出るのでしょうか?













未舗装路を転げ落ちていく車ですな・・・・


皆様も見慣れないシルエットとおもわれます。


こちらの車は「ベルランゴ」と申しまして、ルノーで有名な「カングー」の
良きライバル車でゴザイマス。


フランスでは、商用車として販売されておりますが、ワゴンタイプの
ラインナップもございまして、チョイ外した洒落者のユーザーには
輸入されるのを待ちわびていた方々も多くいらっしゃいます。




けっこうチビッ子な車で、背が高いので大きく感じますが、おチビちゃんです。


ゆる~い感じがとても良いのでしょう、デザイン関連のユーザー様がとても
喜びそうな雰囲気ですな













中身も良さそうでゴザイマス。

スマートフォンと連動して色々な事出来ちゃいそうです。

スペースツアラーとは、ちょっと違いますね。













商用車ベースなので、荷物を載せることは大得意でゴザイマス。

とってもフラットになる椅子みたいですよ。



本当に発売されるか未定でゴザイマスが、「このライン」を好むユーザー様が
多数いらっしゃるのがフランス車乗りでゴザイマス。


実用車がは欲しい方にはうってつけの一台になりそうです。

原 直人(はら なおひと)

今季発売のクルマが沢山でゴザイマスよ。

[2019/01/19]

スタッフ:
原 直人(はら なおひと)
カテゴリー:
ショールーム日記
みなさま、こんばんは

昨日まで「アケオメ!」と言っていましたが気が付いたら
1月も半ばを過ぎております。

ぜんぜん関係ないお話ですが、私は昨年の暮れから左上腕二頭筋を
とても痛めておりまして、左腕を上げますと「筋」が強烈に痛みまして
毎日、泣きっ面でゴザイマス。

五十肩なのか?と案じておりましたが、どーも違うのでゴザイマシテ
毎回腰痛でお馴染みの整体屋さんにお出かけしました。

結果「よくワカラン」と心温まるお言葉を頂戴しまして、「うーむ
如何した物かと・・・」と苦慮中でございます。


苦慮しながらもお客様と同じような会話をよくよくしているものだと
先ほど気が付きました。


旧ハイドロ乗りのお客様とお話致しますのが、こんな感じで「よくワカラン
です」とお答えする事が多いですな。

旧ハイドロオーナー様との会話は、ブラックジョ―クのような
会話が弾むので大変楽しいです。



さて、ハイドロサスは無くなりましたが、やはりシトロエンですね
今季発売の「C5エアロクロス」に新型のサスペンションを搭載して
発売することになり申した。


先行発売しているDS7のアクティブサスの乗り味が相当宜しいので
これは期待できますね。

サスペンションの名前も粋な名前で「ハイドリックなんちゃら」と
難しい名前がついておりますが、しっかりハイドロを謳っておりまして
意味深でよろしゅうゴザイマス。

どーも20もの特許を取得したサスペンションで、楽しみですね。

夏前に発売との予想ですので、旧ハイドロオーナーはお楽しみで
ゴザイマス。

原 直人(はら なおひと)

アケオメでゴザイマス

[2019/01/06]

スタッフ:
原 直人(はら なおひと)
カテゴリー:
ショールーム日記
みなさま、明けましておめでとうゴザイマス。

2019年がスタート致し申しました。

本日は、部長ブログの日だと知りませんで
ネタもなくブログ更新だそーですたい。

まったく、コミュニケーションがとれておりませんな
私が知らないなどとけしからん話でゴザイマス。


昨年度は色んな事がありました。

一番苦労したのが、C6のナビ換装でしたぁ

C6のナビは古いので地図更新はおろか、ディスプレイ自体が
真っ暗になってしまい再起不能状態になる物が多かったです。


修理も不可能なので、ユーザー様達には「改造してつけてよ!」と
簡単な一言を頂き申しました。


現存するナビは、本体と一体型のナビしか存在しないので
C6やC5のような別体ナビがりませんので、大苦戦します。








そんな時は、私の得意技「ワンオフ」でゴザイマス。

なければ作ってしまえば宜しいのでゴザイマスよ

もちろん、優秀なスタッフが居ての仕事になり申すが
シトロエン横浜緑は人材に苦労しませんので、なんとか致します。


C6もこんな感じでトランスフォーメーションでゴザルヨ。











 
見た目は、純正と変わらずがモットーで御座いますれば
変化が見られません。



ですが、UPいたしますと・・・・
























無いはずの「タッチスイッチ」が右端に見えますなぁ

これ、新型シトロエン車の純正ナビを移植致しました。

ナビの枠をワンオフで作りまして、純正同サイズで作成です。

これならば、地図も新型!画面もピカピカで御座います。




こんな下処理もシトロエン横浜緑ならではデス!













ちゃーんと、純正通りにトランク内のナビスペースに
ナビ本体を埋め込んでおります。

昔と違い、DVD等を使用しないので、トランク内の本体に
CDを入れて記憶させたりもないのでチョーカンタンです。

熱もこもらないので、ナビには良い場所ですな。





あんなこんなで、C5のナビ強化改造も行いましたが
それは またのお話です。




「ちょっと困ったなぁ」と思ったら、シトロエン横浜緑に
お尋ねくださいませ。