スタッフブログ

上殿 優貴

6月の晴れた日のこと。

[2019/07/13]

スタッフ:
上殿 優貴
カテゴリー:
ショールーム日記
こんにちはサービススタッフのウエドノです。

雨ばかりで日差しが恋しい今日この頃、晴れたら晴れたで暑くて嫌になるんでしょうけど。

最近ご来店されて気づいた方もいらっしゃるかもしれませんが、当店アスファルトが敷き直されています。
天気が良い日に気になったのですが、外で作業していると異常に暑い!

黒々している真新しいアスファルトの所為ではと思い、非接触温度計で古いアスファルトと新しいアスファルトの温度を比較してみました。

すると...。
温度差12℃。
新しいアスファルトは48.5℃。

どおりで暑い訳だと一人で納得。

真夏にはどこまで熱くなるのか少しだけわくわくしますね。

平林 俊樹(ひらばやし としき)

C3限定車を展示しています!

[2019/06/22]

スタッフ:
平林 俊樹(ひらばやし としき)
カテゴリー:
ショールーム日記
C3の限定車セントジェームスを、ショールームに展示しています!


Cピラーに限定車ステッカーと、フロアマット、ルーフには


セントジェームスならではのボーダーシャツの様な柄になっています。


ボーダーシャツと言えば、海や船乗りで、さわやかだけど、強くて


少し荒っぽいイメージですが、限定車は、大変さわやかな仕様です!
船乗りと言えば、ポパイ!

原 直人(はら なおひと)

やるではないか♪

[2019/06/22]

スタッフ:
原 直人(はら なおひと)
カテゴリー:
ショールーム日記
皆々様、こんにちは

シトロエン横浜緑、ハイドロ部長こと何故か体重が毎年減少している 原 直人
DEゴザイマス。

本日は、雨っぷりでございますなぁ

ここ数年、異常気象との事で「梅雨時期」などの雨は、シトシトと風情ある
雨が本来の梅雨ですが、今時の梅雨は「どっか~ん」と雨が降りまして
風がビュービューを吹いてきまする。

風情などは もう無いのかもしれませんねぇ
ただ、湿度が低いので助かります。



さて、もう全国のシトロ店ブログでご案内済みの「C5エアクロス」ですが
当店も勿論、展示販売しております。

私などのベテラン営業マンには「まってました!」の一台でゴザイマシテ
ハイドロオーナー様の代替え車として期待の一台でございました。

どんなサスペンションなんでしょうか???




メーカーより、販売マニュアルが送られてくるのですが、これがいつも通りの
マニュアルではなくて、メカニカルな内容満載のマニュアルでした。

採用しているサスペンションは20の特許を取得したらしく、シトロの威信をかけたサスペンションとの事です。


特許は取得していますが、もともと存在したサスペンションで
往年の名車「ZXラリーレイド」にも採用されていた物を進化改良しました。

直近では、メーカーは違いますが、ルノーメガーヌRSに搭載したことで
一部では有名なサスです。

なになに?そんなにスンゴイ機能でおますやら?とサスペンションの構造を
よう見てみますと、単車にも採用されていたサスペンションなんですな

私事ですが、若い時分にモトクロスをやっておりましたが、そのモトクロッサーに搭載されていたサスが「倒立サスペンション」と呼ばれるサスでした。

サスペンションがひっくり返って取り付けることで剛性UPとサスOILの
容積を稼げるので、サスの動きが激しいモトクロスの世界では、サスOILの
流動劣化を防げることで長時間のレース耐えられるメリットが大きかったです。

また、このサスの名前を「カートリッジサスペンション」と当時は呼んでました。

サスペンションの中に更にサスペンションが入ってるような構造で、
なんだこりゃ?な感じの構造でした。

簡単にサスペンションの役割をお伝えすると、路面のショックを吸収するのが
最大の目的なんですが、サスペンションの構成は、「ダンパー」「スプリング」の二部構成で作られております。

よく勘違いされるのは、スプリング(ばね)が固いから乗り味が固い!と
言われております。

勿論、スプリングの影響は大きいのですが、「乗り味」と言われる部分の
大部分を決定するのは、ダンパーになります。

C5エアクロスに搭載された新型サスペンションは、上記のダンパーに
なるわけでゴザイマスな。


このダンパー、縮・伸びの運動を行うだけの存在でございますが、これが
車の乗り味の決定する肝になりまする。


前置きが長くなりましたが、新型サスペンションは上記「縮」の反応が
とても早く反応することができる優れものなんですね。

道路の凹凸を感知して「縮」動作が発生しますが、この動作が遅いと
「固い」になるわけでゴザイマス。

縮む速度が早ければ早いほど、路面の凹凸を感じないサスペンションに
なるのですが、ここからが各メーカーが頭を悩ます部分でゴザイマス。


反応が早ければ早いほど動きが良くなりますが、その代わりに長時間走行または、激しい運転をしたときに、サスペンション事態に熱を帯びて内蔵OIL粘度
が下がり始めると、初期の乗り味を維持できなくなります。

こんなイタチごっこが、サスペンションを難しくしてしまいますが、
これを安定させるのがC5の新型サスペンションなのです。

私も試乗しましたが、現存するスプリングサスペンション車の中では
飛びぬけて良い物ですねぇ

発進時の「ヌルっ」としたサスペンションの動きは往年の「ZX」や「305」のようでしたよ。

無論、新型なので往年の名車よりも長期間・長時間の乗り味は約束されます。
ハイドロマシーン無き今、これが唯一許される車なのかもしれませんね。

試しに一度ご試乗頂ければと思います。


西原 遥(にしはら はるか)

ありがとうございました!!

[2019/05/31]

スタッフ:
西原 遥(にしはら はるか)
カテゴリー:
ショールーム日記
みなさまこんにちは(^^)♪

先日はお忙しい中
当店のリニューアルグランドオープンのイベントにお越し頂き、誠にありがとうございました!!

お楽しみ頂けましたでしょうか?(^^)

皆様バリスタさんのかわいいラテアートのコーヒーと
おいしいプリンを召し上がりながら、お話が弾んでいるご様子で、
盆栽のワークショップでは素敵な作品がたくさん出来上がっておりました♡

C3エアクロスも大変ご好評頂き、終日撮影会が行われていて
想像以上の大人気でした!\(^o^)/

今回のイベントもたくさんのお客様にご参加頂き、
新しくなったショールームを多くのお客様にご覧頂く事が出来て、
スタッフ一同大変嬉しく思っております。

今後もこのショールームに相応しい、
ご来場頂いた全てのお客様にご満足頂ける雰囲気作りに努めて参りますので、
今後ともどうぞ宜しくお願い申し上げます。

最後に今回のイベントの為に特別にご用意して頂いた、
多肉植物の写真をご覧ください♡

シトロエンのラベルがとってもかわいいです~\(^o^)/
大切に育てていきたいと思います♡

上殿 優貴

工場も変わってます!

[2019/05/18]

スタッフ:
上殿 優貴
カテゴリー:
ショールーム日記
こんにちはサービススタッフのウエドノです。


ご存じの方もいると思いますが、シトロエン横浜緑は只今改装中です。

ショールームの雰囲気は大きく変わります。



工場は基本的には変わりませんが、一つ大きく変わる所が一か所あります。



工場の屋根が伸びました!


工場の端から3メートル程の屋根が付きました。

これで雨の日の作業効率もアップです!