スタッフブログ

成田 康之

いただきものです。

[2019/11/18]

スタッフ:
成田 康之
カテゴリー:
ショールーム日記
皆様こんにちは。

シトロエン横浜緑の成田です。


日ごろご来場のお客様にお出ししている
お茶菓子「Lotus」のビスコフです。

甘くてサクサクおいしいですよね~
私も大好きなお菓子でございます。


!!!!!!!!!

実はこのような商品があるみたいです!

「Lotus」のペースト?!

お客様よりいただいたものでございます。

パンにビスケット??
日本人にはなかなかできない発想ですよね(笑)

ともあれ味はしっかり保証付きのようです。


スタッフ全員で堪能させていただきます!!

原 直人(はら なおひと)

いろんなシトロエン(-。-)y-゜゜゜

[2019/11/10]

スタッフ:
原 直人(はら なおひと)
カテゴリー:
ショールーム日記
みなさま こんばんは

シトロエン横浜緑のブログ「いいね!」に気を良くして更に更新の
ハイドロ部長こと 原 直人 デございます。

先ほど、当店のFacebookを拝見しましたら「いいね!」が沢山
さらに、「超ウケル」がスタンプされておりました。(清〇様アリガトです♪)

私、ちょっと気を良くしまして更新いたしませう。。。。

ただ、「いいね!」を沢山頂き光栄でゴザイマスが、やはりと言いますか
当然と言いますか「ハイドロ ネタ」が皆様の心を打つようでゴザイマス。


みなさま、お好きなのですなぁ・・・



本日、ハイドロだけでなく、シトロエン「こんな流用されてます」を
ご案内でゴザイマスよ。。。。



 ドーン!とでましたです。

 だれでも分かる車、ロールス・ロイス でございますね。

 イギリス車なので詳しくはゴザイマセンが、たしか「シルバー
 スパーⅡ」だったかな?シトロエンと軽く癒着しておりまして
 これのサスペンションは、ハイドロでございます。

 機構が少し違いますが、ハイドロ特許を使っておりますです。
 面白いのが、シトロハイドロと違って、スフェアーのガス圧が
 低くなると、車高が上がっちゃう現象が起きます。
 そうなると、サスがカッチカチに固くなって乗り味最悪になります。


 3トン近い車重なので、スプリングサスよりハイドロのほうが
 具合が良かったのでしょうね。


 









これも「ドーン」と大きい! 俺もお前も大〇郎!でゴザイマス。

フランス陸軍の正規戦車「ルクレール」でございますね。

これも射撃用の安定装置で「ハイドロ」装備でゴザイマスよ!

どーも、ロールスもそうですが、大重量の車両にはハイドロサスが
具合がいいようです。

LHMオイル 何リッター使うのかなぁ?

私のエグザンティアで、5Lくらいだから、戦車だと100Lくらい
必要かもしれませんなぁ

今度、マクロン大統領と会ったら聞いてみましょう。







おぉ シトロエンクーペの代名詞「SM」でゴザイマス。

FF駆動で世界一の最高速を目指した野心作です。

これもハイドロマシンですが、ハイドロがお話しではなく

搭載している「エンジン」が特殊でゴザイマス。


な~んと、イタリアの名門「マセラッティー製」エンジンを
搭載しております。


では、どんなマセラッティーのエンジンなんでしょ?




 
えっ! スーパーカーじゃ御座いませんか???

当時は、ランボルギーニやフェラーリが大攻勢でして

デザイン的にも「速い車」をデザインすると、みーんな
こんなデザインになってしまいます。


このスーパーカーのような車の車名は「メラク」です。

意外と ちっさい車です。

このメラクと同じエンジン(V6 3.0L)が 我らがSMにも
搭載されていたわけですね。


意外と知られてないのが、巷ではメラク用エンジンをシトロエンが
貰ってSMに搭載したと言われておりますが、実はSMの方が
先に設計も発売も先なので、SM用に作られたエンジンがメラクに
搭載したわけですな。

でも、メラクかっこいいなぁ

ハイドロ部長はシトロエン信者でございますが、「イタ車」好きです。



シトロエンだけではないですが、自動車の技術は各メーカーが
共有しあったりしておりますです。


本来の自動車産業は、イギリスのように「車体屋」「シャーシ屋」
「エンジン屋」と別々の会社が寄り添って一台の車を作っておりました。

現在は、効率化を考えて一企業が全てを作ってしまうほどに大きくなり
国の一大産業にまで登りつめました。


ですが、ここ数年は 国産車ですらMベンツからガソリンエンジンを
供給したり、我らがシトロエンもBMW製エンジンを搭載したりと
かつての自動車産業のような動きが目立ちます。

それはそれで、ようような技術を得られることになり、産業自体に
活性化をもたらすと言われております。

ハイドロを搭載したシトロエン車はもうありませんが、意外なところで
活躍していたりと、技術は無くならないものです。

時間があったら、もうちょっと違う「シトロエン」を探してみようと
思いますデス。


原 直人(はら なおひと)

Oh! 懲りずに またえすねぇ

[2019/11/08]

スタッフ:
原 直人(はら なおひと)
カテゴリー:
ショールーム日記
みなさま こんばんは

最近「夜目」がまったく効かない鳥目部長事 原 でゴザイマス。

本日は、営業時間終了にブログ更新でゴザイマスが働き方改革なので
内容薄目で短ブログでござりまする。。。




御覧のナイス・ショット!お写真は 私の愛車「エグザンティア・ブレーク」でゴザイマスよ。


ここ数週間で、何も悪い事してないのに、悪戯されてボンネットが
キズついたり、ガムを引っ付けられたりと、ちょっと可哀そう・・・


う~む、フランス車はあまり悪戯対象にならんのですが何故でゴザイマス
日頃の行いなのでしょうか・・・



少々気落ちしながら愛車を眺めてたら「おっ!?」何やら気になる証が・・・




車体下のアスファルトが、良い感じで濡れておりますなぁ


旧ハイドロマシン乗りお馴染みの「LHM OIL漏れ 発見!」

久々でゴザイマス。


これぞハイドロマシン! OILが入っている証拠でございます。


ボディーの悪戯等は、トーンダウンしますが、なぜかOIL漏れなどは

「おっ!きましたねぇ」とニンマリいたします。


ハイドロマシン乗りの性なのでしょう、ワクワク致します。

OIL漏れを理由に、色々とパーツ交換して更なる乗り味追及を
してしまうところが実に恐ろしい・・・


この程度のアクシデントは、まったくナッシング!

さ~て工場長を捕まえてご相談でございます。

全スフェアー交換、LHM全抜き、パイプ類も交換しちゃいますぞ


楽しみだなぁ♪



ハイドロマシン乗り、とてもグレート&超ポジティブでごさいます。

天野 恭太郎

志摩に行ってきました

[2019/11/02]

スタッフ:
天野 恭太郎
カテゴリー:
ショールーム日記
ハロウィンも終わって、11月です
今年もあと2か月!やり残したことは無いですか?

個人的には今年は会社辞めたり、新しい会社に入ったり
娘が高校に入ったり、息子が大学卒業したり
なんか動く(環境が変わる)年になりましたね、やり残したことだらけの天野です
みなさまいかがお過ごしでしょうか?



昨日テレビで「ナイトミュージアム3」をやってて
うちの娘がこの映画大好きで、途中からでしたが一緒に見ました

アメリカ自然史博物館(1)スミソニアン(2)大英博物館(3)と舞台は変わっていきますが主人公がブルックリンの守護者と呼ばれるように最後はアメリカ自然史博物館へ戻っていきます。

あそこの博物館はちょっと変わってて、日本には同じような博物館は無いですよね
標本と模型とジオラマで見せる世界の歴史と自然、なんですが
まあアメリカ的な主観で作られているんので、基本偏った歴史観と世界観なのです
(日本でいうと靖国の博物館が偏った歴史観という意味では近いかも!)

アジアから来た観光客にはあまり納得できない部分もあります
映画は楽しいですが




というわけで、前置き?が長くなりました
11月1日志摩に行ってきました!観光じゃなくて仕事です

名古屋で近鉄特急に乗っていったのですが、近鉄特急に乗るのはたぶん30年以上ぶり、名古屋に行くのもそのくらいのやっとかめ(名古屋の言葉でひさしぶり)です。
名古屋に着いたのがちょうどお昼ごろで近鉄特急の次発までにすこしだけ時間があったのでお昼食べようと思って
きしめんかな、味噌煮込みうどんかな、味噌カツかな、エビフライかな
と思ったけれど、名古屋駅の構内はどこも行列!
並んでいる時間は無いなあ、とか思っていたらふと目に着いた看板!

鉄板ナポリタン!
実は今週ラジオで聞いたんですよ
伊集院光とラジオと(TBSラジオ)の「俺の五つ星」というコーナーで

40年位前に吉祥寺で食べた鉄板の上に薄焼き卵が曳いてあるナポリタンが忘れられないという視聴者の投稿を番組が調べるという内容で
最終的に吉祥寺のバウスシアターの経営者がやってたスパゲティ専門店だということが判明したのですが
吉祥寺バウスシアターは80年代サブカルチャーの聖地!天野が若いころには尖がった映画の企画をバンバンかけてて、何度も行きました
お世話になりましたw

吉祥寺の鉄板ナポリタンは当時その店を任せていたスタッフが作ったメニューだそうです


その鉄板のナポリタン自体は豊橋を中心に中部地方ではポピュラーなメニューだと聞いて
食べてみたい!と思っていたので、火曜に聞いて金曜には食べられる
ちょっと幸せ!

ナポリタンは熱々でおいしかったです、太めの麺でもちもちしていて
独特でしたね、今度自分でも作ってみたい!
家で作るならオムレツみたいに上から薄焼き卵でくるんでもいいかも!
オムそばみたいな感じで



というわけでやっと近鉄特急です!
昔ながらの近鉄30000系特急列車です
白ベースのカラリングの新車両20000系には残念ながら乗れませんでした
ビスタカーでもなかったのがちょっと残念です


鳥羽水族館には今まで3回行ったことがありますが、鳥羽から先には今回初めてで
鵜方というところで降りてお客様のところへ行ったのですが
海の近くの町の感じ、夏の賑わいを少し雰囲気に残すというか
館山とか下田とかにも感じる独特の雰囲気があって
それは天野が生まれた町にも少し共通する感覚で
日差しの強さにさらされてちょっと寂れた雰囲気が、すごく好きな懐かしい感覚でした。

鵜方へは中古車の納車に行きました、ユーザーさんはクサラブレーク→C5と乗り継いでいただいてて今回C4を納めさせていただきました。
ありがとうございます。



鵜方駅前
本当はスペイン村とかイルカ島とか水族館とか行きたかったのですが
日帰りであまり時間も無かったので
まあ今度プライベートで、また来てみたいと思います。

あれー?今回海の写真無いじゃん!


帰りの近鉄特急
25歳くらいの時軽い気持ちで紀伊半島をオートバイで回ったのを思い出しました
台風の中夜遅くに横浜の自宅を出て
方向が逆だからすれ違う感じで大丈夫!とか思ってたら
ちょうど箱根超えるあたりで雨で視界が5mくらいになって
飛行機ってこんな感じか!とか考えながらの強行軍

エンジンがオーバークールで調子が悪く、朝5時ごろ名古屋に着くころには台風一過でものすごいいい天気になったものの
そこから伊勢志摩自動車道に入って(まだ途中までしかできてなかった)
飯南のあたりの山中でバイクが動かなくなり
農耕器具屋さんの軒先を借りてキャブレター清掃したりしたけど本調子とは言えず
(戻ってからバイク屋に見てもらったらシリンダーヘッドにピストンリングが刺さっていたらしい)
それでも何とか走るようになったのでだましだまし走って

リアス式海岸の道路は山の中のワインディングからいきなり目の前が真っ青な海が開けるスペクタクルな走って楽しい道でした

潮岬に着いたのが真夜中1時!すでに出発して24時間が経過して
潮岬で生れて始めて天の川を見ました
軽い気持ちで出かけたので泊まる準備も無く、そのへんの公園で少し仮眠を取って、また走るというバカなツーリングをしましたね
良く生きてたと思います、今思うと。

今度オートバイを買ったらもう一回和歌山には行ってみたいです
こんどは紀伊半島経由では多分いかないですけど





長くなってしまいました
シトロエン横浜緑今月は燃えます!
お買い得な車が盛りだくさんですので、皆様のご来店をお待ちしております。


天野 恭太郎

C3エアクロス・オリジンズ

[2019/10/30]

スタッフ:
天野 恭太郎
カテゴリー:
ショールーム日記
めっきり秋らしくなりました
昨日までは雨続きで、あちこち川の氾濫や、地盤のゆるみが気になりましたが
昨日から土曜まではいい天気が続くみたいですよ
たまった洗濯や衣替え、お布団干したり
って来週まで定休日ないじゃないすか!

というわけで天野です、消費増税後の10月も今日で最終日になります
景気はどうだったんでしょうか?
消費増税より台風被害のほうがインパクト強くて、どちらにしても経済は厳しいですが




八千草薫さんがお亡くなりになりましたね、ご自宅が天野の家のご近所みたいでよく犬の散歩をしていらっしゃるのをお見掛けしました
きれいな上品なおばあちゃんみたいな印象しかなかったですが
お若いころの映画をみるとまあびっくりするほどお美しい!
天野のお勧めは「ガス人間第一号」ですね、唯一の特撮主演作!
まあ映画的には今見ると突っ込みどころもありますが基本的には特撮に名を借りた純愛映画です
ラストシーンは寺山修司みたいです
大学の時池袋東宝の特撮オールナイトで見て以来大好きでVHSのセルビデオ(当時2万円くらいした!→誰かに貸してそのまま行方不明)もDVDも買いました。
けして八千草さんの代表作ではありませんが
興味のある方はどうぞ!
そしてご冥福をお祈りします。




さて今回はオリジンズ
シトロエン100周年を記念して作られた特別仕様車「ORIGINS」に
C3エアクロスが追加になりました!
(やっと本題だ)

C3エアクロスのオリジンズは白/黒だけです
オリジンズのアイデンティティーである銅色のトリムが要所要所にあしらわれ
なかなか渋いですね
グラスルーフは付きませんがグリップコントロールとオールウェザータイヤが装着されます
レギュラーモデルで言いますとShineとShine+オプションパッケージの間の仕様です

個人的にはこのサイズ感は好きなんですよね
CACTUSやプジョーの2008は兄弟です、DS3クロスバックも兄弟と言えば兄弟ですがあっちは新しいプラットフォームだそうで
どちらかと言えば甥っ子みたいな感じでしょうか

いい言い方をすれば熟成が進んでいると言っておきます
自動車って実は新しいほど良いと言われますが、ことフランス車に於いては新しいからって手放しでいいかどうかはわからないですね
使い慣れた道具のほうが使いやすいということで

新しいプラットフォームは電気自動車対応を視野に入れて作られたそうで
まあこれから10年ってことなのでしょう

C3エアクロスの良さはカジュアルなSUV感でしょうか
コンパクトな車体にゆったりした後部座席
広いカーゴスペース
ミニマムファミリーカーであるC3よりちょっとユーティリティーを増やして
それでも大きくはなくて
ちょうどいいサイズ!
意外とこのサイズ他のブランドにはありません
値段も納得の設定だと思います

車両の作りもC3よりもがっちり作ってあります
ドアの閉まる音なんかもしっかり感があります
「ちゃんとしまってるんだから音なんかどうでもいいだろ!」の軽量化優先のC3に対して
ちょっと色気を見せたのでしょうね
ドアなんてものは中の詰め物を増やせば音は変わりますので
差別化を考えたのでしょう

C3ORIGINSも増産されて、ただいま横浜緑では並べて展示が出来ました
(残念ながらGrandC4SpaceTourerのオリジンズは完売しました)
シートはざっくりしたツイード風のファブリックに白いアクセントが入ります
オレンジのアクセントが気になる方はこれもいいですね

まあ、一度実物をご覧ください
これで遠くに行く!
フランス車の醍醐味ではないでしょうか

元々フランスの人は夏になると家族全員と荷物満載でバカンスに行きます
日本人みたいに観光地には行かず、のんびりしに行くんですね
普段できないことをやる、そのための自動車です
その昔シトロエンやプジョーのステーションワゴンをBREAK:ブレークと呼んだのは日常をブレーク(破壊)するという意味を込めて名付けられたそうですよ

プチブレーク:エアクロスで新しい楽しみを見つけてください。



前にお知らせしたTEAM SHACHI(と書いてシャチと読む)
ROCKET QUEENのヴィデオはあっという間に61万回再生されて
ブラスバンドバージョンの配信も決定!
米百俵フェスは残念ながら台風で中止になっちゃいましたが、じわじわメディアへの露出が増えてくるといいな、と思います。


今朝ネットのニュースで見てびっくりしたのはボブディランのジャパンツアー!
ZeppDivercityTokyoで5公演、その後大阪で3公演、また東京に戻ってきて6公演 全部ライブハウス!
ちょっとおじいちゃん大丈夫?って感じですが
あのじじいにとってはネバーエンディングツアーの真っ最中!
これが日常なのでしょう

腰が痛いとか足が痛いとか言ってられませんよ!
前回の来日はホールだったので、ライブハウスでディラン!
いやあたまりません!
(値段もたまりません!の価格みたいです)


ライブは見逃したらそれまでで中継が入ってようが空気感はその場だけのもので
立ち会えた人たちだけの宝物なのですよ

(そういえばトーキョージャズにアビシャン・コーエン来てたのを後で知った!あの人も見たかった!)
話がいつものようにずれまくっていますが

11月もシトロエン横浜緑は全員で全力で皆様のご来店をお待ちしております
天野でした!