スタッフブログ

ショールームスタッフ

Marlin hunter

[2012/08/23]

スタッフ:
ショールームスタッフ
カテゴリー:
Tashiro Marine Report
静寂の中


男(漢)の朝が明ける…





8月20日早朝


ベイサイドマリーナには「GST」の海猿部隊


「TEAM BLUE WATER」の勇士が集合していた…





向かうは太平洋 黒潮地帯(新島・三宅島・御蔵島付近)


ターゲットはブルーマーリン(カジキマグロ)
2時間も航行すれば大海原


日本とは思えない位のblue waterが広がる
非日常的な空間


聞えるのは船の音と


波飛沫の2つだけ…






「きたぁっっ!!」


誰かが静寂を破る…
「ジャーーーーーー」


リールからラインが引き出される音と共に


遙か先の海面でブルーマーリンがジャンプする





船上の活性が一気に上がる…


全員で他のルアーを回収し


邪魔にならない場所にロッドを据える


ここから「TEAM BLUE WATER」のチームワークが問われる
ファイティングチェアーに座り


ハーネスとリールを結ぐ


ロッドを介しブルーマーリンとの一騎打ち


ブルーマーリンと真っ向勝負のアングラーとなる人




キャプテンとアングラーの呼吸を合わせ、


ブルーマーリンの方向にチェアーの向きを変えるチェアーマンとなる人




アングラーに水を掛け、水分補給を施し


ギャフの準備をし、ラインを捕り、ブルーマーリンを手繰り寄せるラインマンとなる人




ラインマンの手繰り寄せたブルーマーリンに


ギャフを掛けるランディングマンとなる人




ブルーマーリンの進行方向と体力を考え船を操るキャプテン




全員の意識が一つとなり


ブルーマーリンと戦う
ラインマンの手繰る先に


巨大なブルーマーリンが姿を見せた
ブルーマーリンは最後まで抵抗し


船上に更なる緊張が走る




ラインマンがフックの掛かり具合を大声で叫ぶ




間髪入れずに


ランディングマンがギャフを入れる
ギャフを一発


そしてもう一発



2本のギャフをしっかりと打ち込み
船のドアを開け


全員で力を合わせ


ブルーマーリンを船上へ引き上げる
ブルーマーリンの巨体がデッキに横たわった瞬間が
「TEAM BLUE WATER」全員の顔が笑顔に変わる瞬間
必要以上に興奮するアングラー


胸鰭をかじってみる(金メダルと勘違い?)
憧れのブルーマーリンとツーショット
キャプテンもブリッジの上で喜びの「Vサイン」
左は全長推定300cm・体重95kgのブルーマーリン


右は全長178cm・体重推定80kgのメタボアングラー


メタボアングラーは今回から「Marlin hunter」と改名いたします




ちなみに誇らしげな顔していますが


下に横たわるもう一匹のブルーマーリンは


全長360cm・体重178kgの大物…でした…




今「田代のブルーマーリンちっちゃい」って思った方


次回さらなるビッグマーリンをご紹介いたします


ご期待ください!

ショールームスタッフ

今日も夕日が綺麗でした…

[2012/06/24]

スタッフ:
ショールームスタッフ
カテゴリー:
Tashiro Marine Report
新しいショールームになってから



外から自分の店を見る機会が増えました






生憎の「梅雨空」ばかりですが



夕方のほんの一時、晴れ間が覗くと



綺麗な夕日とシトロエンショールームが



見事なコントラストを描きます
 





本日火曜日は定休日ですが



事情により海へは行けませんでした






全国の「Tashiro Marine Report」ファンの皆様


次週斯うご期待を!

ショールームスタッフ

休日返上で仕事しました

[2012/05/12]

スタッフ:
ショールームスタッフ
カテゴリー:
Tashiro Marine Report
皆様こんにちは


「シャークハンター」改め

「Kiss ハンター」の田代です




数日前の事

弊社代表・佐々木から相談を受けました・・・




「社員の皆に美味しい金目鯛を食べさせてあげたい」

「だから深夜出発の一泊二日で新島に行かないか?」




代表の素敵な心遣いに胸を打たれ

「皆さんの為なら!」と快諾し


5月8日・13:00集合

今回は仕掛け作りからお手伝いをし18:00終了


一度帰宅し身支度を整え23:00再度集合・下田に向け出発


5月9日・3:00出航

新島の朝焼けに「俺の海に戻ってきたぜ・・・」

「金目鯛達よ・・・今日は見逃さないからな・・・」

「深海金目ハンター」である私は心の中で前回のリベンジを強く誓い

一泊二日・金目鯛との戦いに挑む(←仕事ですよ~)






結果は?・・・・・・・・・










爆釣!

金目鯛 推定80匹

目鯛  推定10匹

メバル&カサゴ 推定10匹

80リットルクーラーに満タン×2個

+90cm発泡ケース満タン×2個




「こんなに釣ってどうするの?」って言うくらい釣れましたが

弊社・営業推進部のI藤さんにかかれば・・・
この通り!

美味しく社員の食卓に届きます



「I籐さん」ありがとうございました!



因みに私は・・・

いつもの如く「北酒場」にて・・・
目鯛・お頭の塩焼き!
金目鯛のあらの煮付け!
金目鯛と目鯛のお造り!
金目鯛のしゃぶしゃぶ!
しゃぶしゃぶのアップ!



社長・I藤さん・北酒場の大将

皆さんありがとうございました

お魚たちは余す所無く(仕事として)ご馳走になりました




今回より「深海金目ハンター」に改名致します

シトロエン横浜緑にお越しの折には

お気軽に「深海金目ハンター居る?」と

お声掛けください




今回の仕事も「美味しかった」(笑)

ショールームスタッフ

キス キス キス

[2012/05/07]

スタッフ:
ショールームスタッフ
カテゴリー:
Tashiro Marine Report
皆様こんにちは

シャークハンターの田代です



ついに○○ハンターに昇格しました



先日の鮫討伐後の続きです

釣れた「キス」達が連れられて来たのが

画像のお店、小田急江ノ島線・東林間駅前の「北酒場」です



私が20歳の頃からお世話になっているお店ですが

料理が美味しい! 値段が安い! 

そして「男気のある大将」と「笑顔の素敵な女将さん」が

気さくに出迎えてくれる

地元に愛されているお店です




そしてなんと言っても北酒場一番のお勧めは

社内K城さんが「1人前を抱えて食べた」伝説の

「いかわた焼き!」
?・・・食べかけですいません・・・

美味しくて写真を撮るの忘れてました

数量限定メニューで運が悪いと食べられませんが

本当に絶品です




今回の「キス」達を大将にお願いしたところ

こんなに見事な・・・
!!・・・またまた・・・食べかけですいません・・・

こんなに見事な「塩焼き!」



「キス」を「塩焼き」で食べるとは!?って思いませんか?

凄く上品な甘みを持っていて

あっと言う間に・・・
骨だけになってしまいました・・・



そして・・・2品目
「キスのお造り」です



わかり辛いのでアップにすると
・・・写真が下手ですいません・・・

そして本命・・・
「天麩羅」です



「キス尽くし3品」まとめて・・・



こうだっ!
小田急江ノ島線・東林間駅徒歩1分「北酒場」

お近くにお越しの際は是非「お勧め」です



美味しい料理と 

美味しいお酒

笑顔溢れるお店です

ショールームスタッフ

2012年4月24日 休日返上で仕事しました

[2012/04/24]

スタッフ:
ショールームスタッフ
カテゴリー:
Tashiro Marine Report
皆様こんにちは

釣れないアングラー田代です。



最近ブログを見たお客様から

お客様A:「田代君いつ仕事してるの?」とか

お客様B:「田代君のブログは遊んでばかりだね・・・」とか

時々言われてしまいます・・・が

決して遊んでばかりいる訳ではありません!



先日も社内・滝浦工場長から

「今度、工場の仲間で釣りに行きたいから」と頼まれ

離着岸の練習と操作方法、近海のポイントの確認に出航しました


「社員同士で仲良くなり、仕事環境を良くしたい」工場長の思いに答え

休日も厭わずに「社内のコミュニケーション作りに協力したい」と

出航するに到りました・・・(仕事ですよ~!)



決して遊びではありません



ポイントの確認の為に釣具の準備をしましたが

決して遊びではありません



夏のコミュニケーションツールとして予定している

ウェイクボードの予行演習として

トーングロープとボードも準備しましたが

決して遊びではありません



準備をしている顔が楽しそうに見えますが

本当に遊びではありません



前日あまり眠れませんでしたが

決して「楽しみ」で眠れなかった訳ではありません



鈴木:「それにしては釣竿が多くないですか?」

田代:「鈴木ウルサイ」



当日、仕事の一環として調査・確認に向かったのは

八景島沖合いに浮かぶ「野島堤防・赤灯台」
この付近は潮通しが良く

アジやイワシ等の小魚が多く集まるため

様々な魚や烏賊が釣れるとの事



仕事の一環として

本当に釣れるか調査・確認しなくてはいけません



滝浦工場長には「底に居る者達」をお願いし

ヒラメハンターである私はイワシを釣り、

そのまま餌にする「食わせ釣り」にて調査を開始しました



最近「釣れないアングラー」の汚名を着せられ

今日こそは「○○ハンター」と呼ばせたい! ←仕事は?



集中する事2時間程・・・

ついにその瞬間が田代の竿先に現れました!



「ゴン!」

田代:「キタ-------------------!!」
久しぶりに田代の「コントロールレバー」が大きくしなる!

「活きイワシ」に襲い掛かる魚は様々です



滝浦:「凄い!本当に掛かった!」

田代:「前アタリから喰わせるまで30秒位かかった」

滝浦:「何っぽい?」

田代:「前アタリはヒラメかマゴチみたいだけど・・・」

田代:「横に泳いで行くから違うかも・・・」



慎重なヤリトリの後

今日の調査対象は姿を現した

サメ?



揚がって来たのはサメでした

眼つきが物凄く悪く、気持ちが悪いので海にお帰り願いました



インターネットで調べたところ

「ホシザメ」と言うらしい・・・

「湯引き・干物・唐揚げ・フライで意外と美味しい」らしい・・・

ちょっと未だ食べる勇気は無いかな・・・



調査の結果は

    ホシザメ1匹(睨みつけるから海にリリース)


    イワシ沢山(全て餌としてリユース)


    イシモチ2匹(1匹は小さかったので餌としてリユース)


    カレイ2匹(唐揚に変身)


    キス27匹(天麩羅へ昇格)




今回の一言

「勝負に勝って、試合に負けたか・・・」


あ・・・

「ホシザメ」以外の写真忘れた・・・