スタッフブログ

天野 恭太郎

100周年だよ全員集合!完結編

[2019/08/31]

スタッフ:
天野 恭太郎
カテゴリー:
シトロエンについて
オッス!
声が小さいぞ、もう一度! オオッス!

という訳で、3回にわたってお送りしてきた「100周年だよ!全員集合」も今回が最終回です、お付き合いいただきありがとうございます。

シトロエン横浜緑、遅れてきた新人天野です、ベーシストですからもちろん真ん中でお客に「オッス!」と挨拶するわけですw
2CVアラカルトは原さんが紹介してくれたので、ちょっとあっさり目で

前にも書きましたがここは現在PSAのテストコースだそうです
フランス革命時に焼き討ちにあって取り壊されたお城をそのまま放置してテストコースとして使用しております。
国内で想定される路面状況、砂利道、アスファルト、石畳などいろんな路面とカーブで構成されております。

かなり広いところで中には湖?池?もあり、別荘地のようです。



前回紹介したバス、よくわからなかっとのでインターネットで色々検索してみましたが、やはり分かりませんでした。
ちょと時間をください

シトロエン バス で検索すると一番たくさん出てくるのが「CITYRAMA」という総ガラス張りのバス
おそらくパノラマの掛けた造語なのでしょう
「Currus:クルス」というコーチビルダーに50年代シトロエンが依頼して作らせたパリ観光用のバスだそうです。
頭に突き出た角?これは何に使うのでしょうか?

記憶の片隅にあった映画「地下鉄のザジ」に出てきたのってもしかしてこれ?
って思って調べたらやっぱり当たってました!
とってもキュートな映画ですのでフランスの旧車好きはジャック・タチの「ぼくの伯父さん」と共にお勧めです。

カラリングとかヘッドライトとか往年の小田急ロマンスカー:3100系NSEみたいですね。


まあ本編とは全く関係ありませんが
下の写真は今回のイベントで撮影されたものですが
この顔の「CITYRAMA」もあるみたいなんですよね
たぶん60年代のものだと思うのですが

このトラックも画像検索には引っかかるのですが、なかなか核心に行きつかなかったのですが、やっと少しだけわかりました

これは「Belphegor:ベルフェゴール」というシリーズで、1964年にフラビオベルトーニによってデザインされたトラックのシリーズで3.5トンから8トンまであったようです。

それにしてもユーモラスな顔です

最近は威嚇するようなフェイスの車が増えていますが、こんなのとすれ違ったらニコニコしますよね。


タルボやパナールみたいに合併したり、シムカがマトラを傘下に持っていたりした時期があるので、案外そのあたりにヒントがあるかもしれないと思って調べていましたが、当時フラビオベルトーネはシトロエンのデザイナーで乗用車もデザインしていましたので、意外と純血な成り立ちでした。

その後このシリーズの拡大のためにベリエというトラックメーカーを買収したりしています。

商用車とトラック、バスはあまり大きく扱われることが無いですが、奥が深いです。





おなじみクサラ、シトロエンのレーシングカラーに塗られたラリーカーたちです



このBXはブレークかと思ったら2ドアです
乗用車ベースの商用車もフランスにはたくさんあって
おそらくその仲間なんだと思います、ちょっとかっこいいですね



そして最後は見たことのない色のC6
かっこいい!

伊達者ですね、これはよっぽどキャラクターの立った人でないと、と思います。

伊達者と言えば、アラン・ド・ロンさん倒れる!というニュースをちょっと前に見ましたが、大丈夫でしょうか?
NHK BSでやってたロングインタビュー見ました、やっぱり年とってもかっこいいです。

僕が子供のころのフランス人と言えばアラン・ド・ロンとジスカール・デスタンですかね。
ジスカール・デスタンは母が「かっこいい!」って言ってた覚えがあります。

例によって脈絡もなく書き連ねてみましたが、何はともあれ100周年!
皆様のご愛顧で紆余曲折ありましたがブランドは生き続けてみました。
乱暴なことを言ってしまうとシトロエンは時代時代で様々な車を作ってきました、
変化続けるのがシトロエンです
たかだか100年!
フランスの工業製品に伝統という概念は似合いません、常に進化することが伝統なのです。
ですからデザインも技術もシトロエンらしいものなんて実は何にもないですし、またシトロエンらしくないものも何にもないんだと思います。
これからの100年!どう変わっていくのか、どう生き残るのか、楽しみです。






さてお送りしてきました「100周年だよ!全員集合!」これにておしまいです、風邪ひくなよ!歯ぁ磨けよ!というわけで、また来週!

本間 俊太郎

C4 SPACETOURER "DUNE BEIGE"

[2019/08/30]

スタッフ:
本間 俊太郎
カテゴリー:
イベント・キャンペーン
C4スペースツアラーに特別仕様車の"DUNE BEIGE"が追加発表されました。

詳しい方はご存知かと思いますが、以前もこのグレードがありその時はあっ

という間に売り切れとなりました。

通常のカタログモデルと比べますと断然装備が充実しておりますので、買い

損なってしまったお客様もぜひご検討下さい。

ここで一部の装備をご紹介いたします。

ツートーンファブリックシート(ブラック&グレーベージュ)
フロント大型ヘッドレスト
※写真は5シーターですが、導入車両は7シーターです。
グレーベージュダッシュボード
バルファムエアフレッシュナー
※ナビはオプションとなります
電動サンブラインド付パノラミックガラスルーフ

原 直人(はら なおひと)

本場の100周年らしい・・・スゴイですな

[2019/08/29]

スタッフ:
原 直人(はら なおひと)
カテゴリー:
ショールーム日記
みなさま、こんばんは

シトロエン横浜みどり 9月決算オトコの「決算だけ働くハラ」DE
ございます。

あと二日ほどで、自動車会社の「華」である決算を迎えまする。

私、年間12か月間のうち、10か月間は通常モードでございまして

「並」か「並以下」の動きでございまするが、決算の9月と3月だけは

しっかりモードになりまする。。。

まぁ 旧型タイプの営業マンにありがちな季節に左右される営業マン
と言う訳でゴザイマス。

お電話を頂いた時などは、通常の三倍の活舌の良さでお答えします。


さて三倍はさておき、今年度はシトロエン100周年の記念すべき年で
ございます。

我々日本でも、100周年記念車などを制作してお祝いムードでゴザイマス。


でも、流石「本国」は違いますな・・・



実は、当社GSTの本社には、私のハイドロ友達の「イトウちゃん」と
言う、お仲間がおります。

この「イトウちゃん」、フランス大好き変態でゴザイマシテ、
いきなり、6連休してフランスにシトロエンを見に行ってしまいました。


膨大な写真を私目に送り付けて来たわけでして、PCのハードディスクが
危なくブレイクしそうでござりましたな。。。



その「本国」の100周年イベントに集まったシトロエンをチョロット
ご紹介です。



あまりの質量に整理がつかないので、まずは「2CV」だけUPで
ございますよ、

コメントは、ナッシングでお願い申しげます。。。。。。








イタリアンですなぁ






オリジナルのマスクですな

タイヤも太いし、シャーシ周りも作りこんでかも・・・・





バットマンカーみたいですなぁ

なんか、すこし「変」・・・・




よくよく見たら「ちっさい」んですな

あまり不思議に感じないところが、流石2CVならでわ・・・



と、まだまだネタは沢山ありますが、本日はオヒラキでゴザイマス。




この100倍は、ネタ写真あるので個別対応もお引き受けいたしますよ。


なんせ、9月は「働きますので・・・・」


三留 大葵

ワタナベの成長

[2019/08/29]

スタッフ:
三留 大葵
カテゴリー:
プライベートダイアリー
こんにちは!メカニック三留です。
先日、シトロエン横浜緑のマスコット金魚こと『ワタナベ』を見ていると…


空気が泡で出てくる装置に向かって下向きに泳ぎ続けているではありませんか!


その姿はさながら鮭の遡上、潮の流れに立ち向かう海の魚のようでした(詳しくないですが)


遊んでいるのか、空気を取り入れているのかは分かりませんが
日々成長と共に新たな動きが出てくるのに驚き、嬉しさも感じます!


また新しい動きが見えたらブログでアップしたいと思います!

上殿 優貴

夏の花といえばこれ!

[2019/08/28]

スタッフ:
上殿 優貴
カテゴリー:
プライベートダイアリー
こんにちは、30歳になったのに中学生と間違われてしまうウエドノです。


夏の花で真っ先に思い浮かぶのはヒマワリという方も多いのではないでしょうか。
今年は夏らしいことをひとつもしていないのでヒマワリを見に行って来ました。

神奈川県でヒマワリといえば座間市が有名ですが、少し足を伸ばして山中湖まで行って来ました。天気が良ければ富士山をバックにヒマワリが沢山咲いているのでとても綺麗です。
意識してヒマワリを見るのは子供の頃以来な気がします。
思ってた以上に背が高い、皆同じ方を向いてることにビックリ。
気にしたことが無かったのですが、太陽に向かって咲くから向日葵って書くんですね~。

今更ですが夏を味わって来ました。