スタッフブログ

橋爪 悠希(ルーキーです、お手やわらかに・・・)

イスの座り心地はいつも大事

[2019/06/16]

スタッフ:
橋爪 悠希(ルーキーです、お手やわらかに・・・)
カテゴリー:
プライベートダイアリー
 皆様こんにちは,シトロエン横浜緑の橋爪です。
掲載した写真は,新型車C5 AIRCROSSのシートです。

 以前にどこかで書いたような気も,
書いていないような気もしますが,
私がシトロエン車のシートで最初に感心したのはDS3でした。
とある店でDS3スポーツシックのレンタカーがあったのでした。

 爾後,シトロエンといえばシートがいいというような,
そんなイメージを漠然と持っていましたが,
C5 AIRCROSSはメーカー自らシートの良さを売り出しています。
カタログにシートのクッション素材へのコダワリを
書くメーカーって,他にないのでは?(あったらすみません)

 C5 AIRCROSSは,新開発の,Progressive Hydraulic Cushionsという
なんだか難しそうな名前の足回りと相まって,
まさに快適な車に仕上げてきたなぁという感じがします。
SUVってどうなのとお思いの方にこそ乗っていただきたい車ですね。

橋爪 悠希(ルーキーです、お手やわらかに・・・)

クビレなんかが気になるお年頃?

[2019/06/06]

スタッフ:
橋爪 悠希(ルーキーです、お手やわらかに・・・)
カテゴリー:
プライベートダイアリー
 皆様こんにちは,シトロエン横浜緑の橋爪です。
時間は経ってしまいましたが,C3 AIRCROSSの感想を。
イベントには,多くの方にご来場いただき,ありがとうございました。

 私は,当初,写真などで見た限り,
C3 AIRCROSSってズングリムックリなのかなと思っていましたが,
実際に見てみると,思った以上に造形やプレスラインが凝っており,
そこまでボテッとした印象ではなくてイイ感じでした。

 多くの場合,自動車に関しては,
カタログ等で見るより実車のほうが良く見えますが,
シトロエンについてはそれが顕著なように思います。
(決して写真で見る形が悪いというわけではないですよ)

 C3 AIRCROSSにつきましてはとりわけ,
サイドビューが印象的だったかなと思います。
 フロント側から見ると,そこまで……ですが。
 リア側から見たサイドビューはとても気に入っております。
コンセプトカーが飛び出してきたようなというと言い過ぎでしょうか?
他社ではなかなか見られないですよね。

 展示車,試乗車が来るのは当分先かと思いますが,
デザインが好印象なだけに,乗り味が気になりますね。

橋爪 悠希(ルーキーです、お手やわらかに・・・)

ConnectedCAM再発見

[2019/05/16]

スタッフ:
橋爪 悠希(ルーキーです、お手やわらかに・・・)
カテゴリー:
プライベートダイアリー
 皆様こんにちは,シトロエン横浜緑の橋爪です。
5月というのに早くも夏の足音が聞こえてこようかという陽気ですが,
如何お過ごしでしょうか?

 さて,今回のネタは今更ながらにコネクテッドカムです。
こちらのブログをご覧になっている方の中で,
ご存じでない方はそうそういらっしゃらないと思いますが,
念の為ご説明申し上げますと。

 C3という名前の車種として3代目となる,現行型C3。
その目玉装備の一つとして,コネクテッドカムは装着されています。
具体的には,バックミラーの裏側に車載カメラが標準装着され,
ドライブレコーダーのように動画を常時録画しています。

 もちろん,ON・OFFできますし,静止画も撮影できます。
キレイな風景,印象深い道など,楽しい時間をシェアするためというのが
コネクテッドカムの主眼ではありますが,
衝撃を検知して動画を残すドライブレコーダー的側面もあります。
 写真はコネクテッドカムで撮影したものです。
なかなかの画質でしょう?
 横浜アリーナは私の思い出の場所です。
一昨年の8月,好きなバンドのライブが2日間行われ,
私はその1日目を鑑賞しました。
音響もよく,ボーカルの声もよく伸びて感動的でした。
余談ながら2日目には映像作品用に撮影が入ったようです。

 以前,C3のオーディオの音質が良いと書きましたが,
音も視覚も,あるいは触覚も,五感のそれぞれ
考えを巡らして車を作っているのがシトロエンなんだなと。
改めて感じました。

橋爪 悠希(ルーキーです、お手やわらかに・・・)

ババロア

[2019/04/26]

スタッフ:
橋爪 悠希(ルーキーです、お手やわらかに・・・)
カテゴリー:
プライベートダイアリー
 最近時間の流れがやけに速く感じるようになってきました,
皆様こんにちは,男28歳独身の橋爪です。

 読書が趣味とは言い条,1冊読み終わるより1冊買うほうが
ハイペースになっている感じがします。
私って本当に仏文の出身なの?とお疑いの方も
いらっしゃることかと存じますが(?),
自分でも仏文卒業したんだっけという気分になってきました。

 さて,標題のババロアです。
ババロアもフランス語なんですよ。
私は甘いもの,特に洋菓子が好きでして,
ババロアもその例に漏れないのですが……
調べてみると「バイエルンの」という意味らしいですね。
(余談ながら,今までで一番『美味しい!』となったのは,
洋菓子舗ウエストの青山ガーデン店限定のホットスフレです)

 そして,昨年とあるバンドのファンクラブ限定の
ライブに行ったのですが,その中で演奏したんです,ババロア。
ババロアっていう曲があるんですね。
元となる曲は打ち込みで,一度ライブで聴いてみたいと
思っていたのですが,想像以上に格好よかったです。

 いやぁ,音楽って本当にいいもんですねぇ(あれ?)。

橋爪 悠希(ルーキーです、お手やわらかに・・・)

大学で何を専攻してたっけ?

[2019/04/15]

スタッフ:
橋爪 悠希(ルーキーです、お手やわらかに・・・)
カテゴリー:
プライベートダイアリー
 長年夫に付き従ってきたジャニーヌは,少女のように砂漠に心を開くが,そのことが「不貞」としてタイトルになっているのだろう.夜の砂漠との交わりは,自然界との交信である.相手は人間ではないが,ジャニーヌにとって,この出来事は不貞として意識されたのではないか.

 ……皆様こんにちは,シトロエン横浜緑の橋爪です。
大学の卒論のデータが残っていたので引っ張り出しましたが,
今読み返すと汗顔ものですね。
皆様は,学生の頃どんなことをお勉強されていたでしょうか。

 思えば,大学で仏文を選んだのは,カミュがキッカケでした。
なぜ,『異邦人』を手に取ろうと思ったのか?
俗に言う中二病からだったのでしょうか,
今となっては判然としませんが……。

 そして,新卒時は全く,それこそフランスのフの字もないような
会社へ就職したものでした。
4年生の12月から卒論を書き始めたほどの不良学生の私は,
今となってはフランス語はメルシーくらいのレベルですが,
それがどういうわけかシトロエンのディーラーにいるというのは
人生というものの不条理をチョッピリ感じます。

 実は不肖この私,フランスへ行ったことがありません。
もっと言えば,飛行機に乗ったことさえありません。
つまり,空を飛んだことがないのです。
何方か私をフランスへ連れて行ってください!

 こうした与太話もまた冗長になると退屈なものです。
この辺りで切り上げたいと思いますが,
もっと読みたいという方が万一いらっしゃればぜひ,
店舗までご連絡ください.
何か書くかも知れません?