スタッフブログ

天野 恭太郎

日々の諸々

[2020/05/14]

スタッフ:
天野 恭太郎
カテゴリー:
ショールーム日記
皆様お元気ですか?

まあこんな状況ですのでね、なかなか元気よく!って訳にもいかないかもしれませんが
何度も書きますが、こういう時こそ明るくおおらかに前向きに
笑ってやっていきたいと思っています。

一晩寝れば大概の事は片付いていると考えています
大学の時は友達にミスターアバウトって呼ばれてた天野です
(変わっていないですね)


リトルリチャードが亡くなったのは骨髄癌だそうですが
ハルウィナーは新型コロナで亡くなったそうです、先月の9日です。

ハルウイナーはアメリカのレコードプロデューサーで
天野が最初に知ったのはやはり
「星空に迷い込んだ男~クルト・ワイルの世界」ですね
ラジオでスティングの歌う「マック・ザ・ナイフ」をたまたま聞いて
翌日ジョイナスの新星堂に買いに行った、多分1985年

元々ワイルは好きなんですが、色んなアーティストが色んなアプローチでワイルの音楽の再構築をするという企画盤で
スティングのを聞きたくて買ったのに、他が凄すぎて
スティングのアプローチはストレートでひねりが無い感じがしてしまう

ヴァン・ダイク・パークスは完全無欠のパークスの音だし
ルーリードの「セプテンバーソング」なんてもう原曲が分からないw
中古レコード屋さんで見つけたら「買い」です

僕が持っているのは当然アナログレコードなのですが
CDも廃盤みたいで
このあたり一気に再発されないかしら

アナログではその前に出た「セロニアス・モンクに捧ぐ」もその後の「ディズニー名作映画音楽」も持ってます

天野がバンドやってるときによく言ってた「楽曲は素材」という考えはこのアルバムたちから教わった気がします。

こういうオムニバスばっかり作ってた人かと思ったら
普通のプロデュース業もやってて
ルーリードの「エクスタシー」とかメタリカと作った「ルル」とかは好きでした。
勝手にもっと年の人だと思っていたのですが、享年68歳、ご冥福をお祈りします。

今回ちょっとマニアックになってますが
リトルリチャードとは他の方がいっぱい追悼文を書くでしょうから
(黒人でゲイで攻撃気質という改めて考えるとすごいキャラクターの人です、作った音楽の先進性はもちろん
思いだすのはチャックベリーのライブ映画「ヘイル・ヘイル・ロックンロール」でボ・ディドリーとリチャードと3人で話すシーンがあって
リトルリチャードさんはおかま口調でずーっと愚痴w一人喋り続けて、ほかの二人が口を挟もうとすると、さえぎって喋るw
すげえおっさんだな、って思った覚えがあります
いつだかのグラミーの新人賞発表のプレゼンターで出た時もひどかったらしいしw
リトルリチャードに関しては尊敬しながらもみんなが「めんどくさい人だった」って思う
そんなところがチャーミングだと思います)


すみません、今回も車の話して無いです
次からはちゃんとしまーす!天野でした。

天野 恭太郎

今日から5月

[2020/05/01]

スタッフ:
天野 恭太郎
カテゴリー:
ショールーム日記
はいこんにちは!

天野です!
5月になりましたが、相変わらずの状態で
こんな行楽日和なのにねぇ

シトロエン横浜緑は連休中変わらず営業しております
ただ、営業時間は少し短縮して
朝10時から18時半までとさせていただいております

メカニックの作業は17時までです

よろしくお願いします






さて、今回も車の話じゃなくて

ヤマザキパンのトラックに描かれている
青い目の男の子(?)
なんか思いつめた感じで食パンを食べているのですが
前からあれは誰なんだろう、と気になっていました

今朝たまたま目の前をトラックが通り過ぎていったので
調べましたよ
スージー・ポーマンちゃん
すみません、失礼いたしました、女の子です

山崎製パンのシンボルマーク「スージーちゃんマーク」だそうです
1966年から使われています
当時は3歳だったそうで、もしかして同級生?

ネットで検索すると、あれは誰?という質問は出てきますが
名前と当時東京に住んでいたアメリカ人という事くらいで
マークになった経緯や、現在どうしていらっしゃるのか
は見つけられませんでした。
可愛いけど目が座っているw

子供のころの自分がマークになって半世紀を超えてまだ使われている
って(しかも異国で)どんな感じなんでしょうか?

多分ヤマザキパンはキャラクター使用料を支払ってるでしょうから
会社に聞けばわかるのでしょうね



ヤマザキパンと言えば春のパン祭り!

うちなんか家族に「もう皿要らないだろう!」って言われていますが
今年も集めて4枚頂きましたw
集めるポイント倍で構わないので来年はどんぶりが欲しいですw

我が家は食器棚に白い皿がいっぱいあります
今年の交換期限は5月10日までですよ!



というわけでパン喰いの天野でした
それじゃまた!

天野 恭太郎

日々の諸々

[2020/04/23]

スタッフ:
天野 恭太郎
カテゴリー:
ショールーム日記
皆様お元気でしょうか?

世の中的には結構大変なことになっておりますが
私どもはあちこち消毒したり、交代に休んだり
メカニックの作業時間を短縮したり
色々やってはおりますが、基本的にはおかげさまで平常通りです

この間コロナビールの風評被害ってどうよ?
みたいな話題をしたら、メキシコ政府からの要請でコロナビール生産停止だそうで
これはちょっとびっくりしましたね

あとランドローバー社が英国政府から
「信頼性の理由で呼吸器の生産をしないように」
って言われたw
ってニュースが入っていて
これは本当なのかガセなのか、ジョークなのか、さっぱり分かりませんが

まあこんな時こそユーモアは大事ですw
ある意味イギリスっぽい気がします。


東京、神奈川とも感染者数が増えつつありますが
この新型の厄介なところは症状が出ない人、あるいは出る前の人も
他の人にうつすって事です
検査数を元気な方も含めてもっと増やしていかないと
潜伏期間を考えると今がピークだと考えづらいところもありますよね

何をもって収束と呼べるかも現時点では不明ですし

医療関係の方々はそれこそ昼夜を問わず危険と闘いながら仕事をしていらっしゃる訳で
頭が下がります
私たちが出来ることは手洗い、うがい、社会的距離に気を付けながら
寛容に生きていく、という事だと思います。



近所のバイク屋さんに
「三密をさけてバイク通勤」
って張り紙があって
これでバイクを買う人が増えるかはともかく
発想の転換というか、良いと思います!

これは日曜日の富士山
ちょこっと掛かった雲が良い感じです
いまひとつ天気がスカッとしない日が続いています
気温もあまり高くないですよね


最近の楽しみは大河ドラマ「いだてん」の再放送!
レギュラーの放送時には録画してなかったんですが
今度は毎日録画しています
人気的には今ひとつだったようですが、天野は1年間楽しみましたし
再放送でまた盛り上がっています
映像のお金の掛け方が凄いです、贅沢なものを見ている気がします
(宮藤官九郎さん!お大事に)

あと「野ブタをプロデュース」の再放送ですかね(再放送ばっかだw)
木皿泉さんの出世作!
個人的には「セクシーボイスアンドロボ」と「Q10」のほうが好きですけどね
「野ブタ」は面白いんですけど、基本テーマが人の悪意みたいな部分が大きくて、結構重いんですよね
まあアキラのおかげで救われていますが、山ピーがいなかったらこんな素敵なドラマになってなかったかも
一応第4話までの放送が決まっているみたいですが、最後までやってほしいと思うのは僕だけではないでしょう!


今月は火曜日、水曜日が店休で
部屋を片付けて、アナログレコードいっぱい引っ張り出して聴いて
読みかけの本読んで、ご飯作って、水道の蛇口交換して
ありがたいことで、なんだかんだ忙しいです。

それでも会社にいるときは全力で仕事してます
なかなか来い来いとは言えませんが
普通に営業しておりますので、よろしければ、よろしくお願いいたします


今回は与太話でおしまいです、天野でした!

天野 恭太郎

≪アーカイブ≫Citroen Xantia

[2020/04/15]

スタッフ:
天野 恭太郎
カテゴリー:
ショールーム日記
 こんにちは!天野です
 久々のアーカイブです

 これは天野が昔書いたブログで既に読めなくなっているものを再掲載する企画です
前回は去年8月に「クサラというクルマ」をアーカイブしましたが、今回はみんな大好きXantiaです!
 我らがハイドロ部長の愛車でもあります
 2013年1月24日にシトロエン青山のブログに書きました

 お店の閉鎖に伴って閲覧も編集もできなくなっていますので
手元に残してあるハードコピーを見ながら、一個一個手打ちしています。
(写真は辛うじて手元にデーターに残してありますが)
それではどうぞ!






 久々にちょっと懐かしのシトロエンの話をしましょう

 Xsaraに引き続きシリーズ第2弾はお約束通りXantiaです。
そのエレガントなデザインと実用的なレイアウトはフランス車のひとつの到達点だと思います。
中東で引き続き生産が行われ、いまでも並行モデルが少し流通しているようです。
(注:2013年当時)

 天野の自宅の部屋にはデビュー時の新聞広告のコピーが額にいれて置いてあります、有明のシトロエン・ジャポンを閉めるときに貰ってきました。
 Xmもあったんですが、Xmはユーザーの知人にあげちゃいました。

 キャッチコピーは「エグザンティア 進化はかくも美しい」
 Xantiaは1993年発表です、DS→CX→Xm→C6と続くシトロエンのフラッグシップモデルの下位に位置する、いわゆるハイドロ実用車ラインに当たります。
 GS→BX→Xantiaという流れですが、BXに比べて車格が上がった出来になっているのはZXというノンハイドロの実用車ライン(VWゴルフという全世界でとてつもない数を売るモンスターに対抗するべく作られたモデル)が追加されたせいで格上げされた形になったのでしょう。

 Xantiaの後継モデルはC5になりますが、現行C5(最終モデルX7)はかなりラグジュアリーに振った形になっていますので、ある意味ハイドロの実用車ラインはⅡ型(X3)C5でおしまいになったのかもしれません。

 またC5に関しては機会があれば書きたいと思っていますが、前期型のC5(X4)は実用をさらに推し進め乗用車とミニバンの間を狙って作ったような車です、だだっぴろいとも言える広大な乗用スペースと、ワゴンがいらないくらいの積載量を誇るラッゲッジスペースはまさに実用+コンフォートの集大成になっています。
 (実はⅠ型のセダンはその戦闘機のような流線形のデザインが今見ても新鮮で僕は大好きです)
↑これが後期型です1998年モデル以降はこの顔になります

 XantiaのハイドロシステムはDSから続くハイドロニューマチックの直系で、エンジンの回転をベルトを介してポンプを回しオイルを圧縮して車を持ち上げています。パワーステアリングとブレーキシステムも同じオイルを回して使っていますのでエンジンが止まるとハンドルが重くなりブレーキが効かなくなり、車高がぺったんこになります。
 V-SXとかExclusiveという上位グレードに搭載されたハイドラクティブⅡもより細かな制御をコンピューターでやっているのと、アディショナルアキュームレーターを追加してより制御の幅を広げた違いはあれども基本的な構造はニューマチックと同じです。
 ハイドロというサスペンションシステムは車体の姿勢変化や加重変化に関わらず車を地面と平行
にしてあげることで、安定感や操作のしやすさ、乗り心地の良さを目指して作られました。

 実は同じボディに搭載されながらハイドロニューマチックとハイドラクティブⅡは全く乗った感じも乗り方も違います。ニューマチックの車はそれ以前のハイドロ車と同じく車体の加重変化や傾きに対してパッシブ:受動的です、傾いたあるいは加重のかかった後に油が供給されて戻すので傾いてから姿勢が戻るのに若干のタイムラグが発生します。
例えば中央道や夜中の首都高みたいな比較的アベレージスピードが高くてコーナーが多い道でニューマチックの車は一度大きく傾いてそのあと車体の傾きが戻ります、車体が戻る前に踏み込むとものすごくアンダーステアが出ます、でもコーナー手前できちんとブレーキングを終えて車体が戻ってからアクセルを踏んでいくと思った通りに走れます、コーナリングの基本に忠実にを要求されるわけです。

 それに対してハイドラクティブの車はヨーセンサーやステアリングの切り方、アクセルの踏み方、スピードなんかをコンピューターが計算して先を予測して準備します、演算速度は当時1/25秒と言われていました。
ハイドラクティブ車はコーナリングのセオリーも何も関係ないです、どっから踏んでもオンライン!

 シトロエンが目指した安定感はそういう意味ではハイドラクティブにあります、癖があって面白いなんてのは基本工業製品に求められるものでは無いのでニューマチックが無くなってハイドラクティブに全面置き換わったのはある意味当然と言えるのではないでしょうか。

 ただハイドラクティブⅡはあまりに忠実に車高を調整しようとするあまり、例えば信号待ちで停車中、車体が真っすぐならないままに止まった場合はそれを調整しようとするのですが、タイヤが動いていないと車高が感知できないらしく、お尻を止まったままで上げたり下げたりしてしまったりします。
(そういう場合はブレーキを少し緩めて少し走ってあげると再び安定します)
そこが可愛いんですけどね。

 C5以降のハイドラクティブはリスク細分のためパワステもブレーキも別系統になっています、そういう意味ではDSの廉価版でIDというモデルがありましたがC5は正確にはそっちの子孫なんでしょうね。

 C5が出たときにお客様にどこが変わった?って聞かれて「圧倒的に無駄に動かなくなりました」って説明していました。
「エレクトリックとハイドロリックの怪物」と小林彰太郎さんを言わしめたC5は制御が細かく出来るようになった分、ある意味自然な乗り味で、洗練されるってことはこういう事なんだろうな、と頼もしくもあり、ちょっと寂しくもあり、複雑な思いでした。
↑こちらが前期型、ボンネットのマークがグリルに移ったタイプです。

 エグザンティアのデビュー当時にはボンネット上にあったシトロエンマーク:ダブルシェブロンは翌年には上の写真の様にフロントグリルに移され、運転席にエアバッグを付け、ABSが全車標準装備、エンジンを切っても車高が下がらないようにオイルラインにバルブを付けたアンチシンク機能を追加、ホイールを15インチに変更しました。

 96年にはホイールを16インチに変更、ステーションワゴンのブレークが追加
 97年には助手席にエアバッグを装備
 98年には3リッターのV6Exclusiveが追加、大幅なフェイスリフトが行われ、全長が少し大きくなり、サイドエアバッグも装備
遅れて導入された2リッターモデルもエンジンがツインカムになり、ATが電子制御の自社製品に変更ななりました。

 それまでのSOHCエンジンはガラガラうるさかったですが(スタンドでディーゼルエンジンだと思われて軽油を入れられそうになったり、夜中に団地の友達の家に行けない、って言われていました)トルクの鬼みたいな性格で実用的で扱いやすかったです、しかし!いかんせん遅かった!上り坂では踏んでも踏んでも進まない、トラックに煽られる、仕方なく登坂車線に、なんてエピソードも多く聞かれました。
 東名で大阪方面に行くときは箱根をようよう越えて「帰ったら買い換えよう!」と思うのですが、帰りはすいすいビュンビュンで「なんていい車なんだ!」って感動しちゃうんです、んで結局買い換えられないw

 当時は西武自動車販売とマツダ・ユーノスの二つの輸入元があり、それぞれ競合したりけん制したりしながら売っていました。
ちなみにマツダ・ユーノス系でで輸入されたのは96年モデルまでだったようで(一部97年モデルも入っていたかもしれませんが)フォード傘下になった後はユーノスチャンネルも廃止されてしまいました。

 Xantiaデビューの頃は天野はまだ車屋になっていなくて、中古のBXに乗っていたのですが、付き合っていた女の子が桜新町に住んでいてよく西武自動車のお店を外から覗いていました「エグザンティアかっこいいなぁ!」とか言いながら
 (子供がおもちゃ屋のショーウインドを覗いている状態!)当時は自分が車屋になるなんて思いもしなかったです。



↑これがブレーク、日本でも人気車種になりました、個人的にはセダンと呼ばれたハッチバックのほうが好きでした。
今見ても上品できれいな車です。


 95年に西武自動車がクライスラージャパンセールスになって桜新町もクリントン大統領来日、店舗視察に合わせて全面改装してクライスラーのお店になってしまいました。
(日米貿易摩擦協議真っ最中!アメリカの車を買え買え言われてた頃です)

 シトロエンのディストリビューターは新西武自動車に引き継がれ、2002年4月にセゾングループの組織改革あおりで閉鎖、シトロエン・ジャポンが出来ました。
 その少し前Xantiaは2000年モデル(最終はレザーシートのハイドロニューマチックモデルだった気がします)で終了、翌2001年にはC5がデビューします。

 Xantiaの魅力はもちろん乗り心地やハイドロによる安定感や運転のし易さもありますが、それより何気なくてエレガントなそのデザインと実用性、サイズ感だった気がします。
 前期型のハッチバックタイプが全長444cm、全幅175cm、輸入車が全般に大型化した現在、このちょっと華奢な感じは新鮮です。しかもリアゲートを開けるとびっくりするくらいのカーゴスペース!

 うちの家内なんかは「うち、ちょこちょこ車変わってるけど、エグザンティアが一番好きだった」って言います。(でもこの間現行C4を見せたんですけど、後部座席に乗った感じがエグザンティアみたいだ、って言ってました。ゆく川の流れ絶えずして、って事でしょうか)

 Xantiaもまだ頑張ってご愛用頂いているお客様がいらっしゃいます、最終から早14年経って(2013年当時)維持にお金がかかることと思いますが、代えがたい雰囲気を持つ名車であることは間違いありません。

 先代のBX、後継のC5とも全く違うコンセプトで作られたXantiaは時代を映したように、今乗っている人にも、かつて乗っていた人にも、懐かしさではなく何故かリアルな現実の夢みたいな雰囲気を持ってもらっている気がします。

 ブレークを含め台数は結構売れたので以前エグザンティアに乗っていたよ、って言っていただくお客様もいらっしゃっていただきます、今のラインナップも形は変わって色々良くなっているところもありますが、基本は地続きな感じを持っていただけると思いますので、懐かしく昔を思い出すことが少しでもあるなら、迷わずに是非帰ってきていただければ必ず幸せになります。



 すっげえ長くなってしまいました、これでもだいぶ削ったんですけどね、ここまで読んでくれた方には感謝します、それではまた。

天野 恭太郎

続・オススメ C3エアクロス

[2020/04/04]

スタッフ:
天野 恭太郎
カテゴリー:
ショールーム日記
4月になって、まあ世の中は結構バタバタしています
ブログなんかも何を書けばいいんだ!ってな感じですが
出来ることからやっていきましょう!ということで
前回の平林さんに続いてC3エアクロスを特集!

デビューが去年の7月くらいでしたっけ?
最近になってようやくモデルの認知が進んで
3月とかうちの店ではおかげさまで結構たくさんお求め頂きました

岡崎さん効果ですかね?
テレビを見ていらっしゃって頂いたお客様も多かったです
岡崎さんお元気ですか?その節はお世話になりました
天野はここにいます(私信)

さてC3エアクロスの魅力はそのサイズ感
全長は416cm全幅は176cm
そんなに大きな車ではないです

ベースとなったC3から17cm伸びて1cm広がっていますが
数値以上にゆったり感があります
後部座席に座ると膝のスペースはものすごく余裕があり
気の利いたおしゃれなインテリアデザインと相まって
親密で楽しい空間になります

シトロエン版SUVはダートに行くのではなく
レジャーに向かうワクワク感の演出+コンフォート!
ありそうでなかったサイズとあるそうでなかったコンセプト
そしてシトロエンならではのソフトでゆったりした乗り心地
ソファーみたいなシート
これらの要素がしっかり高次元で実を結んでいます

色々な方に一度乗ってみてほしいです


そして100周年記念で限定発売された「オリジンズ」
あんなにたくさん仕入れたのにいよいよ最後の1台です

ガラスルーフは無いですが
グリップコントロールとオールウェザータイヤを装備し
レギュラーモデルにはないインテリアの生地
ちょっと男の子っぽいですかね

白黒のツートンに100周年記念車だけのコッパーのアクセント
カッコいいです!

最後の1台なのでお店に入れてみました
早い者勝ちです



他にもC3エアクロスは展示車、試乗車、登録済み新車
横浜緑で取り揃えてあります

新車のほうは最上級グレード「Shine+Pack」の「Pack」の部分をプレゼント
というような大盤振る舞いキャンペーン実施中です。

電車に乗るよりはリスク少ないですから
用心しながら気持ちだけは明るく楽しく
そとは良い天気ですよ!
シトロエン横浜緑の言えば「桜」です
天野はここにきて初めての春ですが、まあ見事です
試乗コースは桜のトンネル!
環状4号はこのあたりだけじゃなくて海軍道路と呼ばれる当たりまで
それはもう見事に

なんて書いたら外出したくなっちゃいますよね
すみません

お店の中も桜の花びらがたくさん舞い込んでいい感じです
富士山もあんまりきれいに撮れる日が無くて
いまいちな出来の写真がスマホに溜まっていくという
なんだかな、な毎日ですが

そういえばコロナビールとかガス台のコロナとか風評被害にあってないのでしょうか?
車でも昔はトヨタにコロナってのがありましたね
新型コロナデビュー!とかコロナマークⅡとかね

すみませんふざけました


それではまた!天野でした!