スタッフブログ

天野 恭太郎

DUNE BEIGE

[2019/09/20]

スタッフ:
天野 恭太郎
カテゴリー:
ショールーム日記
こんにちは!皆様お元気ですか?

天野です、ベンジーとジャンアレジと故・アンディフグと同い年のコント55歳です。
日中はまだ暑いですが朝晩すっかり涼しくなりました。

今週末も雨みたいですよ、先々週の台風で落ちた木や葉っぱが排水の取水口で詰まってちょっとした雨でも冠水します、お出かけお気を付けください。

それにしても千葉、大変な状態が続いています
お見舞い申し上げます
本日時点でまだ8万戸が停電中、完全復旧にはまだ一週間かかるそうで

あの台風の日我が家も2時間くらい停電していて
私たまたま起きてて、午前4時くらいには復旧したんですが
この真夜中の雨風の中働いて電気を通してくれた人がいるんだなあ
としみじみ思いました、皆さん自分の場所で頑張ってやるべきことをやっていらっしゃるのですが、感謝しかないですよね。

電気が来ないってかなり心細いです、千葉の停電しているところはそれがもう2週間近く続いてて、さらにあと1週間!
心情を思うと切なくなります。

頑張れなんて言えません、何事もなく今日も仕事して住むところがあることに感謝しつつ、自分にできることをしっかり考えて生きていくしかないですよね。




さて今回はシトロエンC4SPACETOURER「DUNE BEIGE」です

2年くらい前に限定車として登場して好評だったモデルが再登場です
しかもシトロエン横浜緑には新色「ブルーチジュカ」展示中です。
C5エアクロスにある色です。

なんかスペースツアラーは新色が久々で、新鮮です
すごいいい色!内装の感じと合ってかなりシックです、大人です。


デューンベージュは元々内装の名称です
レギュラーモデルより少し毛足の長いグレーのファブリックが秋っぽい印象です
ダッシュパネルの色、インナーハンドルの仕様も違います

パルファムが追加されて、運転席と助手席にはアクティブランバーサポートが付きます
2列目を倒した際にカーゴスペースと面一にしてもらえる渡し板も装備されています
しかもたくさんの荷物を積むときのために、助手席を前に倒していただけるのもこのモデルだけです!
アルミホイールも新デザイン、レギュラーモデルより優しい印象です。

実物はお店で!
今レギュラーモデルと並べて展示中です、見比べていただいて
乗る人全員が幸せになる、シトロエンのスペースツアラーを是非ご検討ください!






先週末はフジロックのダイジェストのテレビ放送があって
天野は平沢師匠が一番楽しみだったのですが(いやあノーカットが見たい!)
三日目の大トリはTHE CURE(ザ・キュアー)でした
出演者のリストを見たときには気づかなかった、うかつでした!
天野が大学生の時にドはまりしていたバンドです
形の変わってしまったロバートスミス(当時日本ではロバヲって呼ばれてた)
でも音楽は確かでした!
そのまま進化している感じです
久々にアナログレコード引っ張り出して聞いちゃいました。


あとは渋さ知らズオーケストラ!
テレビでは「本田工務店」1曲でしたが、イントロが始まってカメラが故・片山広明の巨大人形(3人くらいで操演している)を映し出したとき
なんか涙腺が壊れちゃって、おいおい泣きながら見てしまいました。


現地は雨で大変だったみたいですが、久々にフェス行きたいなあ!と思いました。

今は夏の間あちこちで野外イベントやっていますが
昔はあんまりなかったです、やっぱりフジロックとサマソニがシーンを大きくしたのでしょう。
大昔の話になりますが、本牧の野球場でやってた本牧ジャズ祭、出来たばっかりのみなとみらいで開催されたWOMADとか楽しかったですね
野外フェスの走りです。





というわけで
9月もおしまいが近づいてまいりましたが
今週末も3連休!シトロエン横浜緑は一年で一番お買い得なフェアを継続中です
消費増税まであとわずか!
間に合わせます!皆様のご来店を心よりお待ちしております。

それじゃまた!