スタッフブログ

上殿 優貴

ディーゼルエンジンの進化

[2018/11/26]

スタッフ:
上殿 優貴
カテゴリー:
ショールーム日記
こんにちはサービススタッフのウエドノです。

今回はディーゼルエンジンのインジェクターを紹介します。
ひと昔前は環境に良くないと言われていましたが、今はガソリンエンジンよりもクリーンとも言われるディーゼルエンジン。
どこが改良されたのでしょうか。

排気ガスに尿素を吹いたり、すすを吸着するフィルターが付いたり。排出された後のガスをクリーンにするような装置も沢山装備されていますが、排出されるガスそのものをクリーンにする為に欠かせないのが以前に登場した高圧燃料ポンプと写真のインジェクターです。

インジェクターの先には燃料を噴射する為の穴が多数空いています。
この穴は非常に小さく、ここから高圧になった燃料を噴射することで燃料が微細化され、燃焼し切らない燃料を減らしています。
さらに、圧縮工程から燃焼工程にかけて数回に分けて燃料を噴射することで完全な燃焼を目指します。

生産技術と制御技術の進歩によりディーゼルエンジンの排気ガスはクリーンになっています。